2017年11月20日月曜日

御在所岳 本谷へ

山は紅葉も終わりが近づき、冬の足音が聞こえてくるようになりました。




冬になる前に一度は行っておきたかった御在所岳。
今までは中道(中登山道)からしか登ったことが無いので、
バリエーションルートの本谷を登ってみることにしました。


事前に調べると、
危険、迷う、怖い、下りで使うと死ねるとか、
恐怖心を煽る情報が多かったので、
出来る限り情報収集を重ねました。


鈴鹿スカイラインの中道近くの無料駐車場



ここから少しスカイライン沿いに数分登ると




中道の登山道入り口が見えます。
登山届のポストもあります。




登山道の入口の登山ポストで登山届を出す予定でいると、
・出し忘れる
・ポストが見つからない
・紙やペンが切れてる
結構出し忘れることあるので、
最近はコンパスというサイトでネットから事前に提出するようにしています。


御在所岳は通常はこの登山口から中道を登るのですが、
今回はそちらに行きません。

壊れそうな鉄の橋を渡って、
数分登ったとこにある山の家の右側を抜けて、

この写真の場所を抜けると、本谷の沢に入れます。




御在所の沢は他の山に比べると大きな岩がゴロゴロしていています。



岩が大きいので手を使って登ることが他の山よりとても多く、
ちょこっとボルダリング的に遊びながら登れます。

※沢歩きやボルダリングに少しは慣れてから来ないと辛いし危険です。






不動滝
滝の上部に落ちてきた大岩が挟まっています。
チョックストーンと言うそうです。

距離があるので写真では分かりませんが、
自動車よりも大きく、小屋くらいある大岩です。
こんな岩が落ちてくる時ってどんな状況なんでしょう?(@_@;)




ここは過去に死亡事故も起きているくらい危ないので登れません、
左から巻き(迂回)ます。

不動滝の上部にある分岐
この倒木がある方へ行きます。




ジョーズ岩
ジョーズの頭のように突き出した岩。



この岩は下から抜けることができます。
ちょっと身体を捻ったり工夫がいるので面白い(^^)




途中でロープウェイの部品が落ちてました。
上から落ちてきた?(@_@;)



周辺にはゴンドラの部品らしきものも散乱してます。
ゴンドラごと落下する事故でもあったんでしょうか?(・・;)


谷の上部から振り返るとめっちゃ見晴らしが良いです。




本谷は途中からロープウェイの斜め下を歩きます。
ロープウェイを越えてしまうとルートをミスしているので、戻りましょう。

これを越えると一の谷新道に合流して、じきにロープウェイ山頂駅です。

山頂駅周辺にはレストラン等もありますが、
今回はレストランも山頂もパスして下山。

下りは裏道から。



裏道も結構岩がゴロゴロしていて、手を使いながら下りる事も多い道です。

岩のおかげで段差が大きいので、小さい子にはしんどいかも。


要所要所には道案内の看板もありますが、
ロープウェイで上がってきた家族連れの人は山頂に行くつもりで下山道を歩いている人もいました。



迷ったら無理に進まずに、一旦現在地が確認できる場所まで戻りましょう!




山登りするなら地形図とコンパスで読図しながら歩くのが基本ですが、
それが難しい人はスマホのGPS登山アプリで現在地を確認しながら歩くと迷うリスクが減ります。


今回裏道から中道へのショートカットのルートを歩いたのですが、
元々分かりにくい道の上に、落ち葉がたっぷりとつもっていたので、
ほぼ道が見えず一番ルート探しに気を使いました。

難しそうな場所が遭難する場所とは限りません。


裏道→中道へのルートは注意力を必要とするルートみたいなので、
慣れた人と一緒でない場合、裏道で下山して駐車場に戻るなら
スカイラインまで下りて道路沿いに戻ったほうが楽なようです。


中道の写真。



ボロボロと崩れやすい花崗岩の登山道なので、
人が歩くとどんどん削られていきます。
場所によっては元の尾根から2,3m削られて深い谷になっている所も。。。
歩くだけでも環境破壊になっちゃいます。

冬のアイゼンで更に削られてしまうので、
こういう場所でのアイゼン使用は必要最小限にしたいとこですね。



大阪-堺自然整体院




2017年11月11日土曜日

オスグッド病から整体で回復 堺市サッカー部



(アンケート原文)
13歳 男性 堺市 中学サッカー部


(施術の感想)
すぐよくなってサッカーができるようになった。

さいしょはこしょばかったけど、

よくなっていったらこしょばくなくなった。


(個人の意見であり結果には個人差があります)


→その他のオスグッド病から回復した患者さんの声はこちら


--------------------------------------


堺自然整体院より

(症状)
1年前から両膝がオスグッド病になって痛い。

2週間前から痛みが特に強くなって、軽く曲げても痛い。

2週間前から練習を休んでいるけど痛みは変わらない。

屈伸や走る動作で痛い。

整形外科でレントゲンを撮るとお皿の下の骨が剥がれていると言われた。


(施術の経過)
初回
膝から腰周辺の筋肉を調整する。
この患者さんは特に大腿筋膜張筋に圧痛があったのでそこを念入りにする。
→屈伸の痛みはゼロになった。

2回目
前回以降右膝の痛みは出ていない。
左膝もかなり楽だったけど、
運動会で走って5割くらいの痛みになった。
→調整して屈伸の痛みなし。

3回目
前回の翌日以降2割くらいの痛みだったが、
自転車を1時間以上乗って、5割の痛みになった。
→調整して屈伸の痛みなし。

4回目
全く痛み無し。

5回目
走っても全く痛み無し。

6回目
長距離やダッシュを試しても痛み無し。

もう大丈夫そうなのでこの回で終了した。


(堺自然整体院のコメント)
この患者さんは堺自然整体院でオスグッド病から回復した友人の紹介で来られました。

最近は友人やチームメイトの紹介で来られる人が多く感じますね。

今回のポイントは2つ。

①安静
②リハビリ


①安静
経過を見ていただくと分かりますが、
安静にしていた時は痛みが無くなります。
逆に運動会や自転車で無理をかけた時は痛みが戻りやすいです。

堺自然整体院に来られて、疲労して固まった筋肉を調整することでその場で痛みは取れますが、
脆くなっている膝の骨が固まるまでに無理をするとまた痛みが戻りやすいです。
痛みが取れた状態で安静にしていると、骨の回復が進みます。
ある程度骨が良い状態になったら、少々無理をかけても大丈夫になります。
早く復帰したい人は少しの間辛抱してくださいね。


②リハビリ
今回の患者さんはクラブに復帰した時に長距離走をさせられると聞いたので、
しっかりと走っても大丈夫なように、復帰前に自主トレで走り込んでもらい、
その疲労を整体で調整しながら運動量を増やしていきました。

オスグッド病等のスポーツ障害でしばらくスポーツを休止していた場合、
復帰後にいきなり全力でプレーをすると身体がついていかなくて
また痛めてしまうケースがあります。

しばらく使っていなかった身体は筋肉等が固くなっているので、
徐々に運動量を増やしていかないとトラブルが起きやすいものです。

堺自然整体院ではできるだけ復帰時にトラブルが起きないように
自主トレのメニューを指導しています。

堺自然整体院のスポーツ障害の目標は、
その場で痛みを取るだけでなく、
スポーツ復帰しても痛み無く全力でプレーできる体づくりです。


おまけ
患者さんの感想にあった「こしょばい」(くすぐったい)
これは個人の体質的なものだと考えられがちですが、
たくさんの子供さんを見てきた経験から言うと、
身体が緊張している子は「こしょばがり」になることがあります。
ちょっと触れるだけで、ケラケラ笑ってしまうような
「こしょばがり」の子供さんでも、
施術で身体の緊張を解いていくと数回の施術で極端にこしょばく無くなる事が多いです。

こしょばがりで整体にかかる人はいないと思いますが・・・(^_^;)




オスグッドなら大阪-堺自然整体院

2017年11月9日木曜日

讃岐キャンプ

3連休は娘と二人で四国へキャンプに行ってきました。



娘が希望した、海辺で電源付きサイトという条件は結構厳しく、
1ヶ月前に探し始めたらメジャーなキャンプ場は満席だらけ。
四国まで捜索範囲を広げてやっと見つけたのが、

香川県の高松市庵治町にある太鼓の鼻オートキャンプ場

テントサイトは10サイトくらいの小じんまりとしたキャンプ場ですが、
今まで行ったキャンプ場の中でも抜群にキレイで、
シンクやトイレの手入れの行き届きっぷりに驚きました。
管理人さんの努力の賜物ですね!
清潔さんに拘る奥さんがいるご家庭にはかなりオススメです。

サイトは少し狭めですが、ヘキサタープ+ドームテントくらいなら十分大丈夫。
目の前が海なので、夏に来たら楽しそうです。
サイトにシンクもあるので快適です♪


堺自然整体院から太鼓の鼻オートキャンプ場へは、
すんなり走れば3時間で着きますが、
何と言っても3連休の初日。
渋滞必至なので、気合を入れて5:30出発で出ると、8:30には現地に着いてしまい、
買い出しをしようにもスーパーすら開いていないという事に・・・(^_^;)




我が家の秋~春の父娘キャンプのスタイル。

・ロッジシェルター
・ミルフォード23
・お座敷スタイル
・電気カーペット+焚き火テーブル×2+封筒シュラフ×2+板=コタツ
・フジカハイペット

↑キャンプ好きな人にだけ分かってもらえればいいです(笑)

2人で電源サイトならかなりの寒さでもぬくぬく快適~♪



二日目は香川一の観光地こんぴらさんへ。
門前にも呼び込みのおじさん多数の駐車場はありますが、
そこでお土産を買わされるようなので、
琴平駅前にある公営の駐車場を利用しました。



駅前の駐車場を利用すると、徒歩10分くらいの門前町への道中で
大阪では絶滅しつつある昭和の薫りのする商店街を通れるのでオススメ。



階段が長いことで有名なこんぴらさん
参道から本宮までは785段あります。
普通の人には結構しんどい階段ですが、
前半は参道の両側にお土産屋さんが連なるので足を止めながら上がる事ができますし、
境内に入ってからも色々と見るポイントがあるので、
ゆっくりと見物しながらなら普通の体力があれば大丈夫です。



どうしても自信がない人には5000円くらい払ってカゴで運んでもらうこともできますが、
ちょっと恥ずかしいかも。。。

せっかくの香川なので讃岐うどんを食べました。
香川はうどんがめっちゃ安くて、町の製麺所なら200円くらいなのに、
観光地価格で600円近かった・・・



見えてきた大門。
大門から奥が境内になります。



大門まで来るとだいぶ見晴らしが良くなります。
結構登ってきたんですね~



参道に入るとそれまでの喧騒な感じが無くなって、
神社らしくなってきます。



こんぴらさんは海の神様ということで、
奉納された巨大なスクリュー。



堀江謙一さんが太平洋横断したヨットも奉納されてました。


本宮よりも立派な旭社。



旭社の右側に大きな瓶があって、
みんながお賽銭的に1円玉を浮かべるのに挑戦していました。
簡単そうですが、油断すると上手く行かないのが、面白い。



旭社から一踏ん張りで本宮です。



ここまで来ると達成感アリアリ。
展望台からは讃岐平野が見下ろせます。



山登りもする竹田家ではこの785段くらいでは歯ごたえがないので、ここから更に583段登った奥社へ行く予定でした。


ところがなんと・・・


大雨によって道が壊れてしまい、奥社への道が通行止め!(TOT)



奥社限定の天狗のお守りを手に入れる予定でしたが、
今だけ特別に本宮でも売ってくれてたので、良しとしましょう。

帰り道で寄った、参道にある、日本酒金陵の資料館、「金陵の郷」
酒造りについて色々学べたり、お酒を買ったりできます。



無料ですし、限定酒もあるし、30分くらいで回れるので日本酒が好きな方にはオススメです。



香川県ではこんぴらさんと並ぶ有名観光地

「栗林公園」



日本でも指折りの日本庭園ということで行ってみました。

感想は「デカイ!」

京都にあるような細やかな日本庭園ではなく、
大きな池がたくさんあって、全部の道を回ろうとすると3時間くらいかかるかもしれません。



3日目は徳島県にある

「剣山」

剣山は標高1995m

・標高は西日本で二番目の山
・徳島県最高峰
・日本百名山。

色んな冠がつくし、写真で見ても木の生えてないアルプス的な山容なので、
登るのはさぞかし大変だろうと思ってしまいますが、
見ノ越駅(1420m)までは車で上がれますし、
そこから1750mまではリフトで上がれます。



たった245m登るだけで山頂に立てるので、
登山というより観光で来れてしまう山です。

実際に行ってみると、

・下から登ってきたガチな登山者
・小さい子を連れた家族
・かなりの高齢者
・スカートで厚底ヒールのお姉さん
・中国からの観光客

かなり色んな人が来られてます。


1時間前後の山歩きで登れてしまうので、
時期や天候さえ良ければ誰でも大丈夫です。


ただし、標高が2000m近い山なので、
時期や天候が悪ければきちんとした装備が無いと大変な目に遭うので、
雨具等の最低限の山装備は必須です。

この時期だと日によっては朝に霧氷や凍結があるほどです。


山頂付近は笹原になっていて、自然保護のために木道になっています。




山頂から見える次郎笈。

剣山は太郎笈、隣の山が次郎笈、兄弟の山なんですね~


ここを歩くのは最高に気持ちよさそう。

剣山はこのあたりで一番高い山なので360度の展望で、
天気が良ければ和歌山や鳥取の山まで見渡せます。



この日は快晴だったので白くなっている大山を見ることができました。



山頂には宝蔵石神社があります。

大きな山に登ると神社や祠があるところが多いですね。

八百万の神々を信仰していた日本人ならではですね。

山頂には食事や宿泊ができる山小屋剣山頂上ヒュッテがあって、
食事や宿泊もできます。

その他剱山山頂にはきちんと整備されたトイレもあります。


山頂はもう紅葉は終わってましたが、
中腹くらいが見頃を迎えていました(^^)





大阪-堺自然整体院

2017年10月31日火曜日

抑うつ症状からの回復例



(アンケート原文)
30歳 男性 会社員 


(施術の感想)
気持ちと身体の両方が楽になりました。

楽になって活力が湧くと人生前向きになってきます。

治療の世界の良い部分を体験できたと思います。


(個人の意見であり結果には個人差があります)


--------------------------------------


堺自然整体院より

(症状)
仕事のストレスで1ヶ月前から抑うつ状態になり、
今月から仕事を休んでいる。
心療内科に通っている。

朝一番がしんどい。
肩・首・頭・腰にコリを感じる。
朝は食欲が無い。


(施術の経過)
初回
やんわりと身体全体の筋肉の緊張を緩めてリラックスできる状態を作る。
呼吸がかなりし難そうだったので、呼吸の調整を行う。
寝具が合ってないようだったので、調整をしてもらう。

2回目
初回以降、腰の痛みが無くなった。
肩や首のコリは半分くらいになった。
食欲も出た。
気分もだいぶ楽になった。

3回目
抑うつ症状が出てから感じていた肩や首のコリも無くなった。
気分も更に楽になった。

もう普段の体調に戻って大丈夫そうだったので、
この回で終了としました。




(堺自然整体院のコメント)
仕事やストレスで精神的に辛いとほんと滅入りますよね。
堺自然整体院には時々メンタルのトラブルのせいで、
身体にも不調が出ている人が来られます。


  • 背中から肩首あたりが固くなっている。
  • 呼吸がし難くなっている。
  • 内臓の動きも悪くなっている。


だいたい皆さん共通してこのような状態になっています。



一般的にはメンタルと身体って別物と考えがちですが、
実はめっちゃ密接に関係しています。


  • ストレスで肩が凝る。
  • ストレスで顔面神経麻痺になる。
  • ストレスで胃に穴が開く。
  • ストレスで食欲が無くなる。


逆に身体が辛いと気分もしんどくなるのは誰もが経験した事があると思います。

なので、

仕事のストレスで抑うつ症状が出ている場合、
メンタルからアプローチするのが普通ですが、
身体からアプローチして、
身体が楽になる→メンタルも楽になるという事も多々あります。

メンタルが絡んでいる症状は、ストレスの状態や身体の状態によって十人十色なので、
どんな人でも良くなるとは限りませんが、
こういう選択肢もあると知っていただければと思います。



今回この方が早期回復されたのには、3つ理由があります。

過去に同じ状態になったことがあり、そこから回復した経験があったので、
 本人が楽観的で前向きだった。

通っていた心療内科の先生が薬を出さない方針だったので、
 安定剤等の薬を飲んでいなかったので、身体の反応が良かった。

心療内科の先生から整体を勧められた。

通っていた病院の先生の方針がこの患者さんに合っていたのが大きな要因だと思います。



一般的に病院のドクターは整体には否定的な人が多い印象があります。

整体の業界はゴッドハンドと言われる人から素人同然の人まで
玉石混交の世界なのでそう思われるのも無理はありません。

ただ、最近はドクターから「整体にも行ってみたら?」と言われた患者さんが数人来られたので、
ドクターの整体に対する認識も少しずつ変わってきているのかなと思います。

医療や医療に近い世界では
医師・看護士・理学療法士・柔道整復師・鍼灸師・整体師
色んな立場の人がいて、それぞれみんな得意な部分と不得意な部分があります。

この業界では自分に治せない患者さんでも通院させ続けて、
他所へ回すことを嫌がる先生が多いですが、

患者さんにとってどうするのが一番幸せなのかを考えてほしいし、
自分も常にそうありたいと考えています。


その他の「患者さんの声」はこちら


大阪-堺自然整体院

2017年10月18日水曜日

整体で頭痛を解消した人の感想



(アンケート原文)
46歳 女性 公務員 羽曳野市


(施術の感想)
週に1.2回のペースで頭痛があり、
首のコリがひどかったのですが、
先生の所でお世話になり、
一回目の治療で頭痛が起こらなくなりました。

首まわりのコリも楽になりました。

3回の治療で卒業させてもらい、
今後もひどくならない様に定期的に通いたいと思います。

ありがとうございました^_^


(個人の意見であり結果には個人差があります)


--------------------------------------


堺自然整体院より


(症状)
この方は友人の子供が堺自然整体院で良くなったので紹介で来院されました。

20代の頃から首のコリが酷く、最近は頭痛にも悩まされていました。
週に何回も右後頭部に頭痛が出る。
スマホやテニスをすると頭痛になりやすい。
目の奥にも痛みを感じる。


(施術の経過)
初回
首をメインに調整を行う。
頚椎周辺の筋肉の緊張をしっかりと取り、
動きが悪くなっている関節も調整する。
→左向いた時に少しハリが残る程度で他の症状はOK

寝具にも問題がありそうだったので、少し工夫をしてもらう。


2回目来院時
「めっちゃ楽になりました!」
首がつっかえてる感覚が無くなった。
頭痛は少し出そうな予兆があったくらいで、実際に頭痛に成ることは無かった。

毎朝感じていた朝一番の肩コリも無くなった。

3回目来院時
「めっちゃ調子良いです」
頭痛は全然無くなった。
今回は頭痛の予兆も全然無かった。

様子から見てもう大丈夫そうだったので、
少しでも調子が悪くなったら来てもらうことにして、
一旦通院は終了としました。



(堺自然整体院のコメント)
頭痛ってほんと嫌ですよね。
腰や膝の痛みなら痛みを感じない姿勢がありますが、
頭痛の場合は四六時中痛みがある事も多く、本当に不快です。

整形外科や内科に行って検査をしても異常が見つからず、
脳神経外科でMRIの検査までしても何も見つからずに、
これといった対処法がなく、市販の頭痛薬でなんとかしのいでいる人が多いです。

私のはほとんどの頭痛は首周辺に原因があると考えています。
(ごく一部の人は脳にトラブルがあることもあります)

病院の検査では骨の変形や椎間板のトラブルくらいしか分かりません。


  • 首の筋肉の緊張
  • 頚椎の歪み
  • 頚椎の骨の変形
  • 椎間板のトラブル
  • 頚椎の椎間板の問題
  • 頚椎の関節のトラブル
  • 頭皮の緊張
  • 頭蓋骨の関節の問題
  • 顎関節のトラブル
  • 脳の問題
  • 歯のトラブル


上記の様々な要因によって色んな問題が起こります。

  • 頭部が引っ張られる。
  • 神経が圧迫される。
  • 血流が悪くなる。
  • 血流が多くなりすぎる。


この結果緊張型頭痛や偏頭痛が起こります。



ちなみに、堺自然整体院では対応できない頭痛の原因

  • 頚椎の骨の変形
  • 脳の問題
  • 歯のトラブル

これらは病院に行ってもらうほうが良いですが、
他の問題ならかなりのものが対応可能です。


原因がしっかりと取り除ければ、頭痛薬ともサヨナラできるので、
長年の頭痛に悩まされている方は一度お試しください(^^)


その他の患者さんの声はこちら



大阪-堺自然整体院

2017年10月13日金曜日

金剛山、丸滝谷へ

堺自然整体院に来られていた金剛山に何百回も登っている患者さんに、

「どのルートが一番好きですか?」と聞いたら、

「丸滝谷!」

と即答されたのが印象的で、

ずっと行ってみたかったルートでした。


ネットで調べたら結構な高さの滝を登らないと行けないし、
地図を見ると「危」マークがついているので、
初めての者がソロで行くのはちょっと躊躇していました。


金剛山も妙見谷の往復ルートを経験して、
ボルダリングもちょっとかじって、
先月宝剣岳南稜も往復と、
ちょっとずつ経験を積んできたので、
満を持して行ってきました。

堺自然整体院から丸滝谷へは、1時間弱。
国道309号線を走って、水越トンネルの手前を右に入ります。


すぐにさわんど茶屋があるので、その周辺に駐車します。
駐車場が空いていれば良いのですが、埋まっていることも多くて、
路駐する事もあります。

さわんど茶屋から東に30mくらい進むと石ブテ橋があるので、そこから入山します。


歩き初めはこんな感じ。
南の方向へ沢沿いに林道を歩きます。



楠公大堰堤というらしい、ほぼダムと言える巨大な堰堤を過ぎると林道も終点間近。



こんな感じの林道の終点から沢に入ります。



丸滝谷に入るとそこからは沢歩き。
ほぼ道はなく、沢を渡ったりゴロゴロした岩の上を歩いたり、
滝をよじ登ったりして山頂を目指します。



滝になっている部分はほとんどの部分が迂回できますが、
岩を登る方が楽しいので、できるだけ水の流れに沿って登っていきます。



山に慣れた人なら慎重に登れば危険な場所はあまりないのですが、
上の丸滝という10m以上の崖になっている場所だけは落ちたら死ねるので要注意!
登りも十分怖いけど、下りは更に怖いです。



最後は結構な急登。
足元もズルズル滑るのでロープがあると助かります。
設置してくれた人ありがとうございます!



ここまで来たら丸滝谷の終点。
中尾の背や石ブテ東谷との合流地点。



六道の辻
太尾道との分岐。



大日岳に出るともうススキが出ていました。
秋ですね~!



おまけ

今日の出会い。
ヤマカガシ



実はマムシやハブよりも強い毒を持っているそうなので、
近づかないように!


先月の金剛山妙見谷での出会い。

マムシ





今まで毒蛇なんて会ったこと無かったですが、
沢沿いに歩くといるんですね~(@_@;)


丸滝谷は一般ルートではありません。

  • 標識も一つもありません。
  • 足元はかなり悪いです。
  • かなり危険な滝もあります。
  • 携帯電波届きません。
  • ケガしても平日だと誰も通らないかも知れません。



自分が考えるここを登るために必要なもの

  • 地形図の読図
  • GPS等で現在地の確認
  • 沢歩きの経験
  • 岩登りかボルダリングの経験
  • 金剛山なら妙見谷レベル以上の経験


ハイキングよりは危険度や難易度高いですが、
ハイキングにはない楽しみがあります。

夏に沢靴履いて歩いたらもっと楽しそう。

金剛山の普通の山歩きが物足りなくなった方はこういうルートもぜひ!


大阪-堺自然整体院