2013年6月20日木曜日

高齢者の腰痛

↑クリックで拡大できます。


(アンケート原文)
79歳 女性 主婦 大阪市


(症状)
腰痛

立ったり座ったりするのもつらく、
特に寝てて起きる時などに激痛が走って夜も寝れなくて困っていました。


(過去の治療)
病院・整骨院・マッサージ・整体


(今までの治療との違い)
他の所と違って、痛みなくしてもらえるので良かったです。


(施術の感想)
痛みを感じずにしてもらえるのがとても有り難く、
回を重ねるごとに痛さがとれてきて、夜も寝れるようになり助かりました。

どうもありがとうございました。


(個人の意見であり結果には個人差があります)

--------------------------------------


堺自然整体院より



(症状の経過)
以前から腰椎椎間板ヘルニア、腰椎すべり症、腰椎圧迫骨折があり、慢性的に腰痛持ちだった。
1ヶ月前から腰痛がきつくなってきた。
整形外科で痛み止めの注射をしてきたが、改善せずに紹介で来院されました。

初回
腰椎や骨盤周辺の筋肉の緊張を取り、骨盤の調整をおなう。

2回目
前回よりも楽になった。
薬を減らしても痛みは以前より弱い。

3回目
まだ痛みはあるが、薬は飲まなくてもやっていけてる。

5回目
今回は痛みが強い。初回の頃の痛みに戻ったような感じ。
骨盤の調整法や筋肉の緩める場所を今までと変えてみる。

6回目
前回のような強い痛みは無くなった。

7回目
立ち上がりは楽になった。寝返りはまだ痛む。

8回目
立ち上がり、寝返りともきつい痛みは無くなった。

9回目
痛みなし!



(当院のコメント)
かなり強い痛み、80歳近い年齢、すべり症、ヘルニア、圧迫骨折、という既往歴。
このあたりを考えると中々大変な患者さんだな~っというのが初回の感想でした。

幸いなことに途中で一旦痛みがぶり返したものの、それ以外は右肩上がりで回復していったので一安心です。

この年代の方は「歳だから仕方ない」と考えがちです。

確かに若い人と比べたら回復のペースは遅いこともありますが、多くのの方には回復の希望があると思います。

あきらめる前にぜひ一度ご相談下さい。


腰痛なら大阪-堺自然整体院へ

2013年6月3日月曜日

骨が・・・・

事故からもうすぐ2ヶ月になります。

当初辛かった、肩、首は治療家仲間の先生のお陰でかなり改善してきました。

ただ、当初大したことないと思ってた、左手根部(掌の付け根)の打撲が全く改善しませんでした。

B病院では事故当初のレントゲンで骨に異常が無いと言われていたので安心していたのですが、
打撲にしては痛み方がおかしいと思い、以前から何かとお世話になっている柔整師の堀江先生にエコーで調べて頂きました。

堀江先生の見立てでは有鈎骨に異常があるので一度MRIを撮ったほうが良いとの事だったのでB病院にてMRIと再度レントゲンで検査をしてもらいました。

結果は、

「骨には異常がありません、特に対処法も無いのでもう少し様子を見ましょう」とのドクターの診断・・・ (-_-;)

ここでこれ以上診てもらってもダメだと判断したので、手の外科に力を入れてそうなS病院に紹介状を書いてもらうことにしました。

そしてその時にもらったMRI等の画像CDを堀江先生に見ていただくと、やはり有鈎骨に異常があるとの判断。
先生が講師を努めておられる柔整専門学校で画像に一番詳しい先生も同じ判断。


S病院で手の外科の先生に診断をしてもらった所、当初は異常なしとの診断でしたが、指摘された点を伝えて再度念入りに見ていただくと、有鈎骨挫傷の診断となりました。


※「骨挫傷」とは?
  ・骨にミクロな傷が付いた状態、炎症を起こしている状態です。
   固定をしなくても安静にしていれば自然治癒します。


骨に異常があったことは残念と言えば残念なのですが、
骨挫傷なら完治まで少し時間はかかりますし、手の使い方はかなり慎重にならないといけませんが、固定や手術を必要とせずに済みます。



過去の自分の患者さんでも整形外科で骨折を見逃されてきた患者さんをたくさん見てきました。
酷いケースでは転倒して股関節を打った80代の女性で全く歩けない状態での、大腿骨頚部骨折を見逃されていた事もありました。

それがまさか自分にも当てはまるとは・・・・



一般の患者さんなら間違い無く見落とされていた診断だと思います。

皆さんもレントゲンの結果が異常なしだったからといって安心し過ぎないようにしてください。



● レントゲンの落とし穴 ●

角度によって写らない骨折がある。

・新鮮な(受傷後すぐ)骨折では写らないことがある。

・肋骨や肋軟骨は特に見落とされやすい。

・骨挫傷は写らない

・椎間板や靭帯や半月板などの軟部組織は写らない。

レントゲンでは判断できず、CTやMRIと併用することで分かる骨折もあります。


打撲と診断されても、時間が経っても痛みが引かない時は再度整形外科の診察を受けましょう!


大阪-堺自然整体院