2017年2月25日土曜日

オスグット病の回復例





(アンケート原文)
14歳 男性 堺市 中学生


(症状)
オスグット病

膝下が痛くなる


(過去の治療)
整骨院・接骨院


(今までの治療との違い)
・ていねい
・気持ちが良い
・無痛


(施術の感想)
初めてオスグット病になったとき、
接骨院に通って約5ヶ月も治るまでに時間がかかりました。

二回目(今回)、オスグット病になったときは
友達にこの整体院を紹介してもらって約1ヶ月で治りました。

座っているときの姿勢とか細かく教えていただき本当にありがとうございました。


(個人の意見であり結果には個人差があります)


--------------------------------------


堺自然整体院より

(症状の経過)
中学生で野球部でピッチャーをしている学生さんです。
3ヶ月前から両膝のオスグット病を発症。
以前にもオスグット病になったことがある。

屈伸・階段昇降・走る動作で痛みが出る。
時々歩いていても痛い。
痛みが酷い時は立てなかった。

初回の施術
通常のオスグット病の施術で膝周辺の筋肉を調整して、
関節や骨盤のズレを修正すると屈伸しても痛みは無くなった。

2回目
来院時で痛みは8割くらい。
通常ならもっと軽減しているはずなのに8割も残っているということは、
前回に調整しなかった部分に原因があると見て、
体幹の筋肉等前回に触らなかった部分を中心に施術を行う。
終了時点で痛みは無し。

3回目
痛みは3割になった。

4回目
前回以降左は全く痛くない。

5回目
2km走ってみたけど痛くなかった。
歩く時にたまに痛みが出る。

2km走って大丈夫なのに、歩行で痛みが出るって事は、
歩き方に問題がありそうなので細かく見てみると
やはり歩き方にクセがあったので、アドバイスをする。

身体の状態や今までの経過から、
歩き方さえ修正できればもう大丈夫だと判断して5回目で終了した。

後日このアンケートが届きましたが、
その後も痛みは再発していないようで良かったです(^^)


(堺自然整体院のコメント)
オスグット病の原因はほんとにたくさんあります。

・練習し過ぎの疲労
・筋肉の固さ
・ストレッチの不足
・姿勢が悪い
・運動時フォームの問題

症状としては全員が同じ場所(膝の下)の痛みを訴えますが、原因は様々です。

整形外科での指導やネット情報によくあるように、
大腿四頭筋(ふとももの前側の筋肉)をストレッチしておけば治る例はかなり少ないです。

十人十色の体の状態に合わせて施術を行ったり、
その子の生活スタイルをよく聞いて、
生活習慣の改善を的確に指導できると、
回復がとても早くなります。

通院ごとに毎回改善していなければ、何かの見落としがあるので、
何度通っても同じことの繰り返しをしている場合は、
治療院を変更してみるのも良いかもしれませんね。

この子は進学校に通っていて、
野球部のキャプテンを務めているという文武両道の子でした。

オスグット病のアンケートはお母さんが書いてくれるケースが多いのですが、
今回は自分で書いてくれました。
文面を見てもできる子は違うな~っと感じます。

どうやったらこんな子を育てられるのか、
育児のコツをお母さんに聞いておけば良かったですね(^_^;)


オスグット病なら大阪-堺自然整体院へ

0 件のコメント: