2017年5月1日月曜日

オスグッド病を解消した症例





(オスグッド病の施術の感想)

最初はいたみがあって本当になおるのか心配だったけど、
今では全然いたみがなくなったので感謝しています。
毎日自分でつづけれることはしたいです。

14歳 男性 中学生 八尾市 サッカー


(個人の意見であり結果には個人差があります)


--------------------------------------



堺自然整体院より

(症状)
両足のオスグッド病を1年前から発症
以下の動作で膝に痛みが出る。
・走る(ジョグ)
・踏ん張る
・階段
・キック

オスグッドが得意とする他の治療院で見てもらってたけど、
再発するので堺自然整体院を探して来院されました。

(施術の経過)
初回
通常のオスグッド病の調整で屈伸の痛み無し。

4回目来院時で全く痛みなし。

5回目の施術後はダッシュをしても痛みなし。

ただ、この直後にサッカーの合宿があり、
4日間走り回ると痛みが出てきた。

その後3回施術をしてまた痛みが無くなり、
運動を再開して試合に出ても痛みが無かったので終了としました。


(堺自然整体院のコメント)

オスグッド病を解消するためには、
運動の再開は一つの大きなポイントです。

痛みが取れていきなり全力でプレーをすると、
痛みが再発するリスクが上がります。

オスグッド病を何百例と見てきた堺自然整体院では、
そのリスクを最小限に押さえるように復帰プログラムを考えています。

今回はあと1週間あれば合宿に行っても大丈夫だったと思いますが、
本人の希望でどうしても合宿には参加したいという事だったので、
再発のリスクを覚悟で参加してもらいました。

私としては通院が数回増えてしまったのが少し残念でしたが、
本人の希望なので良しとしましょう。



(オスグッド病では運動を継続?休止?)

堺自然整体院では、オスグッド病の施術において、
早く回復したい子には運動休止を勧めています。

理由は、過去の経験で運動を継続するよりも明らかに回復が早くなるからです。

ただし、
・どうしても練習を続けたい人
・大事な試合があって休めない人
・チーム事情で休めない人
こういう人には通院回数が増える事を理解してもらった上で
運動継続しながら施術をする事もあります。

運動継続・休止それぞれにメリット・デメリットがありますから、
本人とよく相談して、本人が一番幸せになれる方法を選択するようにしています。

・病院で無理しない程度に運動継続して良いと言われて継続していると
   良くなったり悪くなったりを繰り返す。

・病院で運動休止と言われて数ヶ月休んでいるけど一向に治らない。

こういった人でもほとんどの人が痛みを解消して運動復帰できているので、
オスグッド病で困っている人は、騙されたと思って一度来てみてください。


オスグッド病に特化した大阪-堺自然整体院

0 件のコメント: